【26社比較】産業医紹介サービス会社まとめ~産業医の探し方~
自社の課題に対応できる産業医紹介サービスの選び方
自社の課題に対応できる産業医紹介サービスの選び方
産業医紹介のポータルサイト » 【産業医とは】人事・労務部向けコラム » テレワーク下でのメンタルヘルス

テレワーク下でのメンタルヘルス

時間や場所に縛られない新時代の働き方として、近年急速に拡大しているテレワーク。通勤時間に当てていた時間を余暇の時間として使うことが出来るようなったり、あるいは、職場での人間関係のストレスから開放されるなど、テレワークによって数多くの恩恵が受けられる一方で、テレワークならではのデメリットも存在します。その内の一つが従業員のメンタルヘルスに与える影響の問題です。

テレワーク中の従業員が抱えるメンタルヘルスの問題

職場に出勤する、ということが必要なくなるテレワーク。自宅での業務は楽な反面、同僚等と休憩時間に会話することなども出来なくなるため、孤独なものであると言えます。こうしたテレワークに特有の孤独感・孤立感が従業員のメンタルヘルスに与える影響は当然無視できないものです。また、対面でのコミュニケーションの機会が少なくなることで、事業者側としても、従業員のメンタルヘルスの変化を見落としやすくなってしまう、という危険があります。
また、テレワークが原因で、食事の回数が減ったり、飲酒量が増えたり、あるいは、睡眠のリズムが崩れたりし、生活習慣が大きく乱れてしまう、という危険も存在します。そして、生活習慣が一度乱れてしまうと、メンタルヘルスにも大きな影響を与えることにも繋がりかねません。

改定テレワークガイドラインとは

テレワークの普及を受けて、厚生労働省が公表し、周知に努めている「テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン」。2021年3月には改訂版の公表がありました。このガイドラインは、事業者が従業員のメンタルヘルスを管理していく上で非常に有益なものでり、例えば以下のような項目がチェックリストとして挙げられています。

テレワーク下で求められる産業保健

企業側ができるアプローチ

テレワークで働く従業員が増えれば増えるほど、事業主側としても、従業員のメンタルヘルスの管理のために取り組む必要性は増しててきます。では、具体的には、どのようなことに事業主はとりくむべできしょうか。まずは、上記のチェックリストをよく確認し、それを踏まえた上で、従業員にテレワーク下でのメンタルヘルス維持の重要性に周知させることが必要です。

産業医と連携したアプローチ

また、診断やストレスチェックの結果についていつでも相談できる産業医・保健師といった産業保健スタッフを確保しておくことも重要です。もしも必要な場合には、長時間のパソコンでの作業を原因とする目の疲れを軽減させるための「VDTガイドライン」について、医師から衛生講話をしてもらうのもよいでしょう。

名産業医を紹介してくれる、おすすめ産業医紹介サービス会社3選

産業医クラウド
(旧:Avenir産業医)

Avenirサイトキャプチャ

引用元:Avenir公式サイト
https://www.avenir-executive.co.jp/sangyoui/

紹介可能人数
15万人以上
対応エリア
全国
チェンジ可否
無料で可能

ドクタートラスト

ドクタートラストサイトキャプチャ

引用元:ドクタートラスト公式サイト
http://doctor-trust.co.jp/sangyoui/index.html

紹介可能人数
2千500人
対応エリア
全国
チェンジ可否
原則不可

Carely産業医(iCARE)

Carely産業医サイトキャプチャ

引用元:Carely産業医公式サイト
https://www.icare.jpn.com/services/sangyoui/

紹介可能人数
要問い合わせ
対応エリア
要問い合わせ
チェンジ可否
無料で可能

 >【22社を調査】他の産業医紹介会社も見てみる

サイトマップ

Copyright (C)【26社比較】産業医紹介サービス会社まとめ~産業医の探し方~ All Rights Reserved.

おすすめ産業医紹介サービス会社3選

アヴェニール産業医

ドクタートラスト

Carely産業医