【26社比較】産業医紹介サービス会社まとめ~産業医の探し方~
自社の課題に対応できる産業医紹介サービスの選び方
自社の課題に対応できる産業医紹介サービスの選び方
産業医紹介のポータルサイト » 【産業医とは】人事・労務部向けコラム » 産業保健師とは

産業保健師とは

このページでは、産業保健師についてご紹介しています。産業保健師の勤務内容や社内に設置するメリット、そして産業保健師を選ぶ際のポイントなどについてまとめました。

産業保健師の勤務内容

まず、産業保健師の勤務内容について解説します。

健康管理結果のデータ整理や分析

企業で実施した健康管理のデータを整理して分析した内容を産業医に報告します。その結果、産業医によって健康状態に問題があると判断社員については医療機関につなぐなど、社員の健康管理の一端を担っています。

また、産業医との面談を設定し、時間の調整などを行うのも産業保健師の仕事。長時間労働を行っている社員などをチェックして、希望に応じて産業医との面談を設定することもあります。

職場内で発生したケガや病気への対応

社員が負ったケガなどの処置も、産業保健師が行う場合もあります。特に工場を持つ企業の産業保健師の場合は、ケガの処置を行う場面が多くなるかもしれません。あくまで産業保健師が行えるのは応急処置となりますが、もし産業医がいない場合には、病院へ行くべきか、救急車を呼ぶか、様子を見て良いのかといった判断も求められることもあります。

社員への保健指導

産業保健師は、健康診断の結果に基づき社員への保健指導を実施する場合もあります。

例えば、「コレステロール値が高い」という検診結果が出た社員に対して声がけを行い、面談を実施して自分自身の生活を振り返ります。本人とともに、次の健康診断までの目標を一緒に定めたりすることにより、社員がより健康的な生活を手に入れられるようにサポートを行っていきます。

産業医とは別に産業保健師を設置するメリット

産業医以外に産業保健師を設置するメリットは、まず「産業医と企業の橋渡し役を担ってくれる」という点。産業医が不在でも、社員が健康に関する相談ができたり、面談の調節などを行えます。従業員との接触回数が多いことから、産業医がカバーしきれない従業員の不調への対応も可能です。

産業保健師も健康のプロといえる存在であるため、セミナーや講演会などの講師を依頼することができますし、時には健康に関するイベントを提案してくれる場合もある、という点もメリット。

産業保健師を選ぶポイント

産業医の他に産業保健師を設置する際にチェックしておきたいポイントとしては、「コミュニケーション力やカウンセリング力」「事務能力」「企業での実務経験の有無」といった点が挙げられます。知識のみではなく、それぞれのスキルをバランスよく兼ね備えた人材を選びたいものです。

しかし、ひとりひとりのスキルを逐一チェックしていくのは非常に手間がかかりますので、産業保健師の紹介サービスを使用することで、理想のスキルを持った人材とであることができるでしょう。

産業医を紹介してもらう方法・初めて選ぶ際のポイントについて詳しく見る

名産業医を紹介してくれる、おすすめ産業医紹介サービス会社3選

産業医クラウド
(旧:Avenir産業医)

Avenirサイトキャプチャ

引用元:Avenir公式サイト
https://www.avenir-executive.co.jp/sangyoui/

紹介可能人数
15万人以上
対応エリア
全国
チェンジ可否
無料で可能

ドクタートラスト

ドクタートラストサイトキャプチャ

引用元:ドクタートラスト公式サイト
http://doctor-trust.co.jp/sangyoui/index.html

紹介可能人数
2千500人
対応エリア
全国
チェンジ可否
原則不可

Carely産業医(iCARE)

Carely産業医サイトキャプチャ

引用元:Carely産業医公式サイト
https://www.icare.jpn.com/services/sangyoui/

紹介可能人数
要問い合わせ
対応エリア
要問い合わせ
チェンジ可否
無料で可能

 >【22社を調査】他の産業医紹介会社も見てみる

サイトマップ

Copyright (C)【26社比較】産業医紹介サービス会社まとめ~産業医の探し方~ All Rights Reserved.

おすすめ産業医紹介サービス会社3選

アヴェニール産業医

ドクタートラスト

Carely産業医