【22社比較】産業医紹介サービス会社まとめ~産業医の探し方~
自社の課題に対応できる産業医紹介サービスの選び方
自社の課題に対応できる産業医紹介サービスの選び方
産業医紹介のポータルサイト » 【産業医とは】人事・労務部向けコラム » 健康診断への対応

健康診断への対応

従業員の健康管理のために実施している健康診断。ただ実施するだけではなく、その後のフォローが重要です。健康診断後のフォローには、業務内容や職場環境を把握している産業医のサポートが欠かせません。

産業医が実施する健康診断後のフォロー

産業医が実施する健康診断後のフォロー

ここでは、産業医が健康診断後に行うフォローを説明します。

健康診断の結果を産業医が確認する理由

労働安全衛生法第66条の規定により、事業者は3ヶ月以内に健康診断の結果を産業医に見せ、意見を伺う必要があります。そこで産業医は、以下の2つの項目をチェックしているのです。

働けるかどうかの就労判定を行う

従業員一人ひとりの健康診断の結果を見て、健康状態に問題ないか・働き続けられるかをチェックします。「通常勤務・就労制限あり・休職の必要性あり」の判定を行い、指導が必要である従業員には判定に沿った指導をしてもらえます。

判定内容

通常勤務 通常の勤務で問題なし
就労制限あり 勤務負担を軽減・労働時間の短縮・時間外労働の制限 など
休職の必要性あり 療養が必要。一定期間は勤務をさせない

再受診の推奨や健康指導が必要かチェックする

健康診断の結果を見て「再診の必要あり」とあれば、再診を促して健康指導を行います。

実際に再診するかは本人が決めるものの、事業者には努力義務がありますので、産業医の指導のもと再診を促しましょう。

産業医による書類記入が必要

常時50人以上の労働者がいる事業所は、「定期健康診断結果報告書」を労働基準監督署へ提出する義務があります。

どのような検査項目を何人受診したかなどを記載するのですが、産業医の署名押印が必要な項目も存在。そのため、全従業員の健康診断が終わった後に産業医に書類へ記入してもらいます。報告書は「定期的な健康診断の実施・産業医による検査結果のチェック」の証明になるといえますね。

「書類提出に必要だから」ではなく、従業員に長く働き続けてもらうためにも、産業医と連携して健康診断後のサポートを行なっていきましょう。

名産業医を紹介してくれる、おすすめ産業医紹介サービス会社3選

アヴェニール(Avenir)産業医

Avenirサイトキャプチャ

引用元:Avenir公式サイト
https://www.avenir-executive.co.jp/sangyoui/

紹介可能人数
15万人以上
対応エリア
全国
チェンジ可否
無料で可能

ドクタートラスト

ドクタートラストサイトキャプチャ

引用元:ドクタートラスト公式サイト
http://doctor-trust.co.jp/sangyoui/index.html

紹介可能人数
2千500人
対応エリア
全国
チェンジ可否
原則不可

Carely産業医(iCARE)

Carely産業医サイトキャプチャ

引用元:Carely産業医公式サイト
https://www.icare.jpn.com/services/sangyoui/

紹介可能人数
要問い合わせ
対応エリア
要問い合わせ
チェンジ可否
無料で可能

 >【22社を調査】他の産業医紹介会社も見てみる

サイトマップ

Copyright (C)【22社比較】産業医紹介サービス会社まとめ~産業医の探し方~ All Rights Reserved.

おすすめ産業医紹介サービス会社3選

アヴェニール産業医

ドクタートラスト

Carely産業医