【22社比較】産業医紹介サービス会社まとめ~産業医の探し方~
自社の課題に対応できる産業医紹介サービスの選び方
自社の課題に対応できる産業医紹介サービスの選び方
産業医紹介のポータルサイト » 【産業医とは】人事・労務部向けコラム » 産業医の英語対応、どこで医師を紹介してもらう?

産業医の英語対応、どこで医師を紹介してもらう?

産業医へのニーズはさらに広がっている

外国人比率が急速に高まる中、働き方の多様性も求められるようになり、産業医へのニーズも大きく広がっています。例えば、企業のグローバル化が進んでいる現在、英語対応を行なう産業医も増加傾向です。また、月に決まった時間だけ会社に訪問するのではなく、必要に応じてスポット対応や産業医選任義務のない小規模事業所での業務もこなしてくれるようになりました。働き方の変化に合わせて、産業医もさまざまな取り組みを行なうようになっていると言えるでしょう。

外国人労働者への英語対応

数ある産業医ニーズの中でもっとも高まりを見せているのが、産業医の英語対応が可能かどうかという点です。グローバル化を進めている企業にとって重要なポイントが、外国人労働者の健康管理。慣れない環境での労働はストレスが溜まりやすく、まったく生活習慣や文化の違う国から来ている外国人労働者にはケアが重要です。

外資系企業や外国人の社員を多く抱えるIT企業はコミュニケーションに関してストレスを溜めないように、独自にさまざまな取り組みをしています。企業の変化に合わせて、英語対応が可能な産業医も増加傾向です。

英語が話せる産業医がいれば、外国人労働者が感じる不満点をすぐに把握できます。外国人労働者が多い・外国人労働者を増やす予定がある企業に力強い存在と言えるでしょう。英語対応が可能な産業医を見つけるには、紹介会社を使うのがおすすめです。

英語対応できる産業医を紹介してもらえる?

外国人労働者に英語対応できる産業医ですが、紹介会社によっては紹介可能です。さまざまなニーズに応えるため、紹介会社もさまざまなタイプの産業医を紹介できる準備をしています。特に外国人労働者へのケアを得意とする産業医は英語で会話ができるだけでなく、出身国の生活習慣や文化の違いを理解して、コミュニケーションを行なってくれるでしょう。職場のグローバル化を進める上で、英語対応ができる産業医は不可欠になってきます。

医師会経由や人脈などで産業医を探すことはできますが、英語対応ができるといった特定のスキルを持った産業医を探すのであれば、紹介会社を使う方が効率良く進められます。紹介会社ごとで紹介できる人材は異なるため、サービス内容や料金をチェックしましょう。紹介会社のメリットとしては、経験値や人柄などの相談もできることが大きいです。求めている人材をハッキリさせておくとさらにスムーズに決められると覚えておいてください。

産業医総研が厳選した産業医紹介サービス

各サービス会社によって料金体系やサービス範囲・エリアの違いが当然ありますし、女医の指定や英語対応などの違いもあります。産業医総研では良い人材を紹介できているかを厳選して産業医紹介会社を3社ピックアップしました。また、産業医をサポートする産業医向け求職・転職サービスもありますので併せてご参考ください。

名産業医を紹介してくれる、おすすめ産業医紹介サービス会社3選

アヴェニール(Avenir)産業医

Avenirサイトキャプチャ

引用元:Avenir公式サイト
https://www.avenir-executive.co.jp/sangyoui/

紹介可能人数
15万人以上
対応エリア
全国
チェンジ可否
無料で可能

ドクタートラスト

ドクタートラストサイトキャプチャ

引用元:ドクタートラスト公式サイト
http://doctor-trust.co.jp/sangyoui/index.html

紹介可能人数
2千500人
対応エリア
全国
チェンジ可否
原則不可

Carely産業医(iCARE)

Carely産業医サイトキャプチャ

引用元:Carely産業医公式サイト
https://www.icare.jpn.com/services/sangyoui/

紹介可能人数
要問い合わせ
対応エリア
要問い合わせ
チェンジ可否
無料で可能

 >【22社を調査】他の産業医紹介会社も見てみる

サイトマップ

Copyright (C)【22社比較】産業医紹介サービス会社まとめ~産業医の探し方~ All Rights Reserved.

おすすめ産業医紹介サービス会社3選

アヴェニール産業医

ドクタートラスト

Carely産業医