【22社比較】産業医紹介サービス会社まとめ~産業医の探し方~
自社の課題に対応できる産業医紹介サービスの選び方
自社の課題に対応できる産業医紹介サービスの選び方
産業医紹介のポータルサイト » 【産業医とは】人事・労務部向けコラム » 産業医を変更するには

産業医を変更するには

産業医を選任した後、「自社に合わない」「要望に沿わない」というケースは起こり得るでしょう。従業員数や業種によって、月に1回の訪問を行なう・常駐するなどの違いはありますが、産業医との連携は必要です。変更したい状況になった場合、どう対応すべきでしょうか。

産業医を変更するには

ここでは、産業医の変更に必要な手続きを説明します。

労働基準監督署に変更を届け出る

産業医を選任する場合、14日以内に労働基準監督署へ選任の届け出を行なう必要があります。前任者を解任して新しい産業医を選任する場合も同様に、解任した日から14日以内に届け出を提出しましょう。

必要な届け出・入手先

労働基準監督署に変更を依頼する場合は必要な書類を揃えたうえでの届け出が必要です。必要な書類は「産業医選任届出書(総括安全衛生管理者・安全管理者・衛生管理者・産業医選任報告様式)」というもので、厚生労働省のHPから入手できます。届け出後は機械で読み取りを行うので、白色度80%以上のA4普通紙を使いましょう。使用した紙が該当する様式ではなかった場合、再度届け出を提出しなければならないことがあります。

届出書を入手したら、前任の産業医の名前と辞任・解任の年月日を記入。さらに新たに選んだ産業医についての情報を必要な部分に記入したうえで労働基準監督署に提出します。

前任の産業医が辞任・解任した年月日と新たに選任した産業医の年月日は必ずしも同じ日付で統一する必要はありません。しかし、新任者の選出は善人が辞任・解任した日から14日以内に行わなければならないので注意しましょう。これは労働安全衛生規則第13条にも定められています。14日以上過ぎてしまった場合は日付を合わせようとせずに、正しい年月日を記入してください。

2名体制を取るケースもある

産業医の解除がうまくいかないケースがあった場合はどうすれば良いでしょうか。例えば長い間契約していた産業医の場合。契約を解除して新たな産業医を選任したくても、解除の手続きまでに多くの時間を要するか、結局新たな産業医に変更できずに終わってしまうというケースがありえるのです。このように何らかの理由ですぐに産業医を変更できない場合は、一時的に産業医の2名体制が取れます。

2名体制の産業医は通常3,000人以上の大企業で、さらに専属として選任されることがほとんどです。その条件に達していなくても、複数人の産業医との契約ができます。

一時的でも産業医を2名体制にすることで、現在契約している産業医を解除するための動きに進展が見られるように待つ時間が持てるでしょう。ですが産業医を2名に増やすことでのデメリットにも気を配らなければなりません。とくに気を付けるべきなのが、現在契約している産業医への配慮です。産業医を増員することで気分を害する可能性があるので注意しましょう。

どうしても今の産業医を変更できない場合は?

「長い付き合いがある」「社長の知り合い」など、どうしても契約を解除できないケースはあるでしょう。その場合、産業医2名体制の方法をとることができます。自社の課題を理解し、きちんと改善に取り組んでくれる医師を見つけて新たに迎え入れるのも一つの手です。

気をつけたいのは、契約中の産業医との兼ね合いです。新しい医師と契約すると、契約中の方が「蔑ろにされている」「契約解除されるのでは?」と感じる可能性があります。しがらみが強くて変更できない場合、慎重に契約を進めなくてはいけません。

場合によっては名義貸しと思われるリスクも。名義だけで産業医が職務を遂行していないケースは、労働安全衛生法の違法行為に当たるためです。「兼ね合い」「名義貸しのリスク」の2点に注意し、産業医の2名体制をとるか判断しましょう。

こんな産業医は変更を検討すべき

「産業医を変更したい」と思うケースは、どのようなものがあるでしょうか。以下に該当する場合、変更を検討しましょう。

産業医の役割を理解していない

法律によって、産業医の職務は定められています。

職務の例

そもそも産業医自身が役割の理解が足りず、「月に1度来ない」「面談を行なわない」などのケースがあるようです。

ストレスチェックの実務者を務めようとしない

ストレスチェックは2015年から義務付けられた制度で、従業員50人以上の企業に対しては必ず行わなければならないチェックの一つです。この制度は、労働安全衛生法でも内容が記載されています。

内容は「医師、保健師または厚生労働省が定める人物による心理的負担がどれくらいかを知るための検査を行わなければならない」というもの。これによると、医師に相当する人物がストレスチェックの実務を行わなければならないということが読み取れます。企業でストレスチェックを行う場合、それに該当するのが産業医なのです。しかし中には「ストレスチェックの実務者についての契約は交わしていない」といった理由をつけてストレスチェックの実務者としての役割を果たさない産業医もいます。

企業がストレスチェックを実施していないことがわかった場合の罰則はありませんが、労働基準監督署への報告がない場合は最大50万円の罰則金を支払わなければなりません。この制度も、労働安全衛生法に定められている法律です。

産業医がストレスチェックの実務者とならなかった場合は、産業医の変更を考えるタイミングと考えても良いでしょう。

面談指導を行なわない

産業医の中には、企業に対して自身がどのような業務を行わなければならないのかを熟知しているのにもかかわらず、その業務を避けようとする医師がいます。とくに多いのがメンタル面の業務で、ストレスチェックによって高ストレスと判断された方への面接指導を避けるケースがあるのです。メンタル面での面接指導について、産業医側から「精神科医ではないから専門外です」と言われてしまうと、企業側から意見が言いにくくなってしまうことでしょう。

メンタル面での指導が必要だからといっても、すべての産業医がメンタルヘルスに対しての知識を持っていなければならないという条件はありません。元精神科医でなくても産業医となっている方は多くいます。だからこそ、メンタル面の指導を避ける産業医が出てしまう問題が発生するのでしょう。

契約した産業医がメンタル面での面談と指導を避けているのが見受けられた場合は、メンタル面の面談と指導ができる産業医との変更を考える必要があります。

新たな産業医を見つけるには

付き合いで産業医を選任すると、その後で「合わなかった・役割を果たさない」などの問題が出たときに対応が難しくなります。

まずは自社の課題を整理し、解決のために働いてくれる産業医を選任した方がよいでしょう。ただしメンタルケアが重要なのか・女性スタッフへのケアが必要など、事業場によって課題はさまざま。「しがらみなし・効率よく探したい」のであれば、産業医専門の紹介会社を利用してはどうでしょうか。

産業医総研が厳選した産業医紹介サービス

各サービス会社によって料金体系やサービス範囲・エリアの違いが当然あります。また、女医の指定ができるかなど、かゆいところに届くサービスを提供しているかどうかの違いも調べるとわかります。産業医総研では総合的にサービスをカバーできているか、良い人材を紹介できているかを厳選して産業医紹介会社を3社ピックアップしました。また、産業医をサポートする産業医向け求職・転職サービスもありますので併せてご参考ください。

名産業医を紹介してくれる、おすすめ産業医紹介サービス会社3選

アヴェニール(Avenir)産業医

Avenirサイトキャプチャ

引用元:Avenir公式サイト
https://www.avenir-executive.co.jp/sangyoui/

紹介可能人数
15万人以上
対応エリア
全国
チェンジ可否
無料で可能

ドクタートラスト

ドクタートラストサイトキャプチャ

引用元:ドクタートラスト公式サイト
http://doctor-trust.co.jp/sangyoui/index.html

紹介可能人数
2千500人
対応エリア
全国
チェンジ可否
原則不可

Carely産業医(iCARE)

Carely産業医サイトキャプチャ

引用元:Carely産業医公式サイト
https://www.icare.jpn.com/services/sangyoui/

紹介可能人数
要問い合わせ
対応エリア
要問い合わせ
チェンジ可否
無料で可能

 >【22社を調査】他の産業医紹介会社も見てみる

サイトマップ

Copyright (C)【22社比較】産業医紹介サービス会社まとめ~産業医の探し方~ All Rights Reserved.

おすすめ産業医紹介サービス会社3選

アヴェニール産業医

ドクタートラスト

Carely産業医